MENU

薄毛対策なび|薄毛を治療・改善する方法とAGA治療費用相場

薄毛対策なびでは、どうして薄毛になってしまうのか?
薄毛の原因とはいったい何なのか?
など、自分でできる改善策や専門の病院での治療方法をまとめています。
気になるAGA治療費用もぜひチェックしてみて下さい。

 

目次
  1. 薄毛対策にはまず原因を知ろう
  2. 自分でできる原因別薄毛改善対策
  3. 薄毛改善対策ならAGA治療病院に行くべき理由
  4. AGA治療の種類と費用相場
  5. おすすめのAGA・薄毛治療病院

薄毛対策にはまず原因を知ろう

薄毛の原因

 

最近悩む人が多くなってきているのが、薄毛の問題です。
従来であれば、中高年の男性の悩みとされてきましたが、現在は若年層でも薄毛に悩む人が増えていますし、また女性でも薄毛に悩む人が増えていると言われています。
そこで、薄毛になる原因についてまとめていきたいと思います。

 

薄毛のタイプには、何があるのか?

一言で「薄毛」と言っても、それぞれにタイプがあります。
薄毛の原因についてまとめる前に、薄毛のタイプについて書いていきたいと思います。
薄毛は、大きく分けて2つのタイプに分かれます。

 

  • 頭頂部からの薄毛
  • 生え際からの薄毛

 

頭頂部から薄くなっていく薄毛は、ドーナツのような形になって進行していきます。
男性の場合は日本人などの東洋人よりは欧米系の白人男性に多く見られ、日本では女性に多く見られます。それに対して、生え際から進行する薄毛は、真ん中の部分を残して、おでこの生え際から後退するように薄くなるのが特徴で、アルファベットの「M」を書いたような形に薄毛が進行していくのが特徴です。この形の薄毛は、日本人男性に最も多く見られます。

 

頭頂部から進行する薄毛の原因とは?

先述したように、頭頂部から薄くなる脱毛症は、日本では主に女性に見られる薄毛と言われており、いわゆる女性男性型脱毛症(FAGA)といわれる症状がそれに当たるとされています。
女性の場合は、女性ホルモンの乱れが原因として考えられます。一般的には、女性の場合は分泌される女性ホルモンの影響で、あまり薄毛にはなりにくいと言われています。
しかし、妊娠中や出産後もしくは40代に入ると女性ホルモンが減少してホルモンバランスが崩れてくるなど、更年期に伴った変化が出てくるなどの老化現象にともなって薄毛になることがあります。

 

生え際から薄くなっていく場合の原因とは?

生え際から薄くなる場合、その原因の大半は男性ホルモンによるものとされています。
男性ホルモンに「テストステロン」と呼ばれているものがあり、これと5-aリダクターゼという毛乳頭などに潜んでいる因子が結びつくことでできる「ジヒドロテストステロン」というホルモンが生成されます。
このジヒドロテストステロンは、ヒゲや体毛の成長を促進するホルモンですが、髪の毛に対しては逆の働きとなり成長を阻害する要因となります。いわゆる男性型脱毛症(AGA)と呼ばれるものの原因は、この男性ホルモンに関係してきます。

 

その他の原因とは?

ホルモンの乱れ以外に考えられる理由としては、血行不良、ストレス、生活習慣、皮脂分泌過剰、遺伝が考えられます。

血行不良

髪の毛は、通常、毛周期によって抜けた後に生え変わってきます。これは、毛母細胞に酸素や栄養が行き渡ることで新陳代謝が活発化して、髪の毛が抜けても再び生えてきます。
しかし、血行が悪い場合、毛母細胞に酸素や栄養が届かなくなるため、毛周期が乱れてしまい、その結果として髪の毛が生えてこなくなります。

ストレス

また、現代はストレス社会と言われています。
ストレスによってホルモンや自律神経のバランスを崩し、毛細血管や毛乳頭が本来の働きを果たせなくなることによって、薄毛が進行してしまうことがあります。

生活習慣

髪の毛の成長に大切な栄養素に、ビタミンやミネラルがあります。
これらの栄養素を普段の生活で十分に摂取できていない場合、または、睡眠不足など不規則な生活を送っている場合、その結果として薄毛を引き起こしやすい要素を増やす原因となることがあります。

皮脂分泌過剰

その他に考えられるのが、皮脂分泌過剰による薄毛です。
頭皮も立派な皮膚で、汗をかくことで皮脂が分泌されます。特に夏には毛穴に皮脂がたまることで、頭皮に雑菌が繁殖してきます。同時に頭皮の血行が悪くなることで、薄毛を招きます。適度に頭皮ケアを行って、清潔に保っておく必要があります。

遺伝

その他の原因として考えられるのが、遺伝的要素によるものです。遺伝といっても、薄毛が遺伝するわけではありません。例えば、薄毛の原因となりやすい男性ホルモンの分泌が多い、皮脂の分泌量が多いといった要素が遺伝します。

 

注意

これらは、あくまで「薄毛の原因となりやすい要素」というだけで、皮脂が多い、もしくは男性ホルモンの分泌量が多いからといって、薄毛になるわけではないということに注意が必要です。

自分でできる原因別薄毛改善対策

薄毛の対策

 

若年層から中高年まで、あらゆる世代の人が悩みとして上げることが多い項目は、薄毛についての悩みです。薄毛を改善する方法はいくつかあります。中には無料に近く、簡単に実施できる方法もあります。
そこで、薄毛を改善するための解決方法について、まとめていきたいと思います。

 

薄毛になる原因とは?

先述いたしましたように、薄毛になる原因としては下記のようなことが考えられます。

  1. ホルモンバランスの変化
  2. 血行不良
  3. ストレス
  4. 生活習慣
  5. 皮脂分泌
  6. 遺伝

ここからは、各項目に対する予防対策について書いていきたいと思います。

 

ホルモンバランスの変化に対する改善策
  • 女性

女性の場合は、妊娠中や出産後に薄毛に悩むケースが多いと言われています。
特に、栄養バランスやホルモンバランスの乱れが原因です。出産後も、大体2〜6ヶ月頃まで抜け毛が増えますが、これは大体1年くらいで元に戻ることが多いと言われています。
しかし、高齢出産の場合や抜け毛がストレスにつながることで、1年たっても元に戻らないということもありえるので、早めに医師などに相談することが対策になります。

  • 男性

男性の場合はテストステロンと5-aリダクターゼという酵素がくっつくことで、ジヒドロテストステロンを作ってしまうことが原因と言われているので、この5-aリダクターゼをなるべく抑制することが大切になります。
例えば、納豆や豆腐に代表されるイソフラボンや黒ゴマなどの亜鉛を多く含む食品を摂取する、またはノコギリシアやフィナステリドといったサプリメントを摂取すると、抑制効果があると言われています。
その他には、有酸素運動も有効です。激しい運動が必要なわけではなく、20〜30分程度のウォーキングでも、抑制効果が期待できます。

 

血行不良・ストレス・生活習慣に対する改善策

血行不良、ストレス、生活習慣の乱れは、密接に結びついており、ストレスや生活習慣の乱れによって、血行不良に結びついています。その他、糖尿病や心臓関係の疾患、高血圧症などのいわゆる生活習慣病といったものにも結びつきます。
血行不良の原因として考えられる要素として考えられるのが、このストレスと生活習慣の乱れによるものと言われています。特に強いストレスがかかると、円形脱毛症などになる場合もあるので、ストレス発散できる手段を持っておくことが必要です。

  • 特にタバコはNG

生活習慣の乱れには、例えば喫煙や睡眠不足、過度の飲酒、偏った食事、運動不足といったことが考えられます。特にタバコは血管の収縮に結びつくので、禁煙することをおすすめします。また、22時から2時が睡眠のゴールデンタイムと言われており、この時間はしっかりと睡眠を取れるようにしておく必要があります。
その他、食事については様々な栄養素をバランスよく摂取できるよう心がけ、特に良質なタンパク質を摂取できるようにしておく必要があります。また、運動不足も血行不良と結びついているので、毎日少しずつでもウォーキングをするなど、身体を動かすように気をつけてみてください。

 

生活習慣の改善

生活習慣の改善と言っても、難しいことをしなければならないわけではなく、忙しい中でもできるだけ規則正しい生活を送るようにすることが肝心です。

 

皮脂分泌に対する改善策

特に夏場には、汗を大量にかきやすくなり、そのことで毛穴もつまりやすくなります。
頭皮の汚れは、薄毛を招く原因となりやすいので、頭皮をできるだけ清潔に保つことが大切です。
とは言っても、頭皮を清潔に保とうとしすぎて、何度も皮脂を洗い流そうとすると、かえって皮脂が分泌されてしまうので、より皮脂で汚れやすくなってしまいます。シャンプーは1日1回として、アミノ酸系成分のシャンプーを使うようにしてみてください。

 

遺伝に対する改善策

遺伝というのは少し分かりにくい要素ですが、自分の体質を知ることが大切です。
確かに、男性ホルモンが強く出やすい体質や、皮脂の分泌量が多くなりやすいという体質は遺伝します。ただ、その体質があるからといって、誰もが薄毛になってしまうわけではありません。
むしろ、「父親や祖父が薄毛だったから」といって、諦めてしまうことがそうなる原因といえます。このような遺伝については、父親よりも母親の家系に影響を受けることが多いといいます。母方の祖父などに薄毛の人がいたら、その遺伝子がある可能性があります。

 

遺伝子検査

今であれば、遺伝子検査キットもあるので、一度調べてみた上で、先述したような対策を立ててみるといいのではないでしょうか。

薄毛改善対策ならAGA治療病院に行くべき理由

AGA治療院

 

薄毛で悩む人が、若い世代を中心に増えてきています。それとともに、本気で薄毛改善対策をしようと思った人の中で、AGA治療の専門病院に行くことを選ぶ人が増えています。
そこで、薄毛改善対策のために、AGA治療病院に行くことをおすすめする理由についてまとめていきたいと思います。

 

検査や診察をしてもらえるから

薄毛には、色々な原因があります。AGAによるものもあれば、そうでない場合も。
当たり前ですが、実際に何が原因で薄毛になっているのかという点は、検査してみないと分かりません。薄毛の治療には、AGA治療の専門病院の他にも、一般の皮膚科などに行く方法もあります。
しかし、一般的な皮膚科であれば、内服薬の処方のみという場合もあり、専門病院で行われるような血液検査などの検査も行わない場合がほとんどです。
また、一般皮膚科などで治療を行う場合、その多くは現状を維持することに重きを置かれがちで、触診や頭部撮影による効果判定などは行われません。しかし、専門病院であれば、内服薬の他に様々な治療法を取り入れ、毛量を増やすことに重点がおかれます。
内服薬で効果が見られなければ、専門病院で治療を行うことになりますし、万が一、効果が出なかった場合も、様々な治療法の選択肢があるので、AGA治療に特化した専門病院の受診をおすすめしています。

 

治療実績がある

一般的な皮膚科などの病院であれば、あくまでもAGA治療は、数ある治療領域の中の一つという扱いになります。そして、治療実績や症例件数についても、どうしても少なくなってしまいがちです。
しかし、AGA治療を専門としている専門病院であれば、進行しはじめた人からかなり進行してしまっている人まで多くの患者さんを診察しています。そのため、薄毛に関する様々な悩みを知っています。
また、自らが薄毛に悩んできたという人も多いため、実際に自分で治療を試している医師もいます。そのため、薄毛に悩んできた患者さんの悩みに関する相談にも応じてもらえるとともに、信頼できるお医者さんも見つかりやすいといえます。
そういった点からも、AGA治療を専門とした病院への受診をおすすめします。

AGA治療の種類と費用相場

AGA費用

薄毛で悩んでいる人の中で、近年選択肢として増えているのがAGA治療に特化した専門病院です。その関心の高まりとともに、関東を中心として病院の設置数も増えています。
しかし、AGA治療の専門病院で行われている治療内容については、意外と知られていないのが実情です。そこでAGA治療の種類と、その費用相場についてまとめていきたいと思います。

 

AGA治療の種類とは?

AGA専門病院で行われる治療の種類は、大きく分けると4種類になります。

  1. AGA治療薬を使用した治療
  2. メソセラピー
  3. HARG療法
  4. 植毛

ここからは、各治療法についてまとめていきたいと思います。

 

AGA治療薬を使用した治療法

AGA治療薬には、国内においてAGA治療薬として承認された公式治療薬と、ジェネリック医薬品と呼ばれるものの2種類があります・
現在、国内で認可されている治療薬は、2種類あります。

  • プロペシア(フィナステリド含有)
  • ロゲイン(ミノキシジル含有)

 

プロペシアは、クスリに含まれるフィナステリドという成分が、5-aリダクターゼを抑制することで、「DHT(ジヒドロテストステロン)」の生成を防ぎます。
また、ロゲインに含まれるミノキシジルは、もともと高血圧症患者の降圧剤として用いられ、血管の収縮を助けることで、血行を良くして発毛を促進する作用を発揮する医薬品です。
このうち、プロペシアは内服薬(錠剤)のみです。ロゲイン(ミノキシジル)は、海外では内服薬も販売されていますが、国内で流通しているものは、皮膚に塗布する外用薬のみ承認され流通しています。その他、各クリニックによって、発毛成分を配合したオリジナル医薬品を使用している場合もあります。

気になる費用は?

費用は、国内承認薬を服用する場合の費用は、初回は4,000円〜4,500円、2回目以降からは5,000円〜7,500円(1ヶ月あたり)となります。オリジナル治療薬を使用する場合は、内服薬を使用する場合は14,000円〜21,000円、外用薬であれば14,000円〜21,060円(1ヶ月あたり)となります。

 

メソセラピー

メソセラピーは、ミノキシジルやフィナステリドといった、AGAの改善に効能のある成分を注射やフラクショナルレーザー、超音波にて、頭皮に直接注入する治療法のことを指します。内服薬や外用薬と違って、上記の有効成分を直接頭皮に注入するので、同じ有効成分による治療法でも、高い改善効果が期待できるとされています。
メソセラピーと呼ばれる治療法の特徴としては、AGA改善効果があるとされるミノキシジルやフィナステリドの他に、ビタミンやミネラル、コエンザイムQ10、ヒアルロン酸などといった、毛髪再生に効果があるとされる成分を配合して注射するクリニックも多いことがあります。

気になる費用は?

治療にかかる費用は、頭皮に注入する薬品の量によって変わってきます。容量は2ccから4ccとなっており、費用の相場は1回あたり50,000円〜86,400円となっています。ただ、これらのメソセラピーは3回以上のセットとなっている場合も少なくありません。

 

HARG療法(幹細胞再生治療)

HARG療法(幹細胞再生治療)とは、幹細胞の中から毛根再生に役立つ成分を抽出して、育毛成分を調合した「細胞成長因子」を頭皮に注入する治療法を指します。メソセラピーと比べると、日本でこの療法を採用しているクリニックは少ないものの、近年この治療法を採用するクリニックが増えています。
このHARG療法(幹細胞再生治療)も、クリニック独自にビタミンやミネラルなどのオリジナルの育毛成分を追加配合している場合があります。

気になる費用は?

医薬品による治療やメソセラピーと同様自由診療となり、費用としてはやや高額となります。1回あたりの治療費用は80,000円〜200,000円前後と幅があります。ただ、クリニック独自にモニター募集している場合もあるので、モニターになればその費用を抑えることもできます。

 

植毛

植毛には、自毛植毛と人工植毛があります。
自毛植毛の場合は、男性ホルモンの影響を受けにくい側頭部や後頭部の毛を使って薄くなった部分に移植します。人工植毛の場合は、人工のグラフトを薄くなった部位に移植します。自分の毛か人工のグラフトかの違いはあるものの、移植により発毛させる方法なので、前の3つと違って、外科的手術を行うことが大きな特徴といえます。

気になる費用は?

植毛は、上記と比べるとかなり高額になります。総額は378,000円〜1,400,000円で、植毛を選択した場合も、クリニックによってはモニターを募集していることがあるので、モニターになると費用も安く抑えられます。

おすすめのAGA・薄毛治療病院

ここではAGA・薄毛治療において定評のある専門クリニックを2つ紹介します。
もっと詳しいランキングが知りたい方はこちら
AGA治療病院・クリニック検索・口コミ評判サイト|AGAプラス

 

銀座総合クリニック

銀座総合美容クリニックは、東京にあるAGA・薄毛治療を専門としているクリニックです。
治療としては、AGAを原因として発症した薄毛か、それ以外に原因のある薄毛かの診断からはじまり、フィナステリドやミノキシジルといった内服薬から成長因子投与やメソセラピーによる治療法などを組み合わせて行われます。
平成20年開院で、AGAクリニックとしては後発のクリニックです。
しかしながら、院長自身も薄毛に悩みを抱え、自らが治療を経験していることもあり、症状の分析、実施する治療法の選定などの正確性も相まって、患者さんが安心して継続することができる治療を行うクリニックとして、通院する患者さんが増えている治療実績の豊富なクリニックです。

 

治療費の価格帯

内服薬・外用薬(フィナステリド・ミノキシジルなど) 7,020円〜18,900円/1ヶ月
プロペシア(1ヶ月分28錠) 7,560円
ノーニードル育毛メソセラピー 19,440円/1回など

 

医院数・所在地

医院数 1院 
所在地 東京都港区新橋1-4-5 G10ビル9・10F(各線新橋駅より徒歩5分)

 

特徴

メンタル面のサポートも万全な、AGA・薄毛治療専門クリニック

 

AGAスキンクリニック

AGAスキンクリニックは、平成16年に設立された東京美容外科を母体とした、AGA治療専門クリニックです。平成28年現在で、関東を中心として39院を展開しています。
治療の特徴としては、フィナステリドやプロペシアといった内用薬療法から、ドクターが自らの薄毛治療を重ねた経験から作った独自の処方薬「Rebirth」、オリジナルのメソセラピーを組み合わせて行われます。
AGAスキンクリニックは、母体となっている東京美容外科を含めて全国に所在しているので、どの医院でも同じ内容の治療を受けられることから、利用者が増えているクリニックです。

 

治療費の価格帯

内服薬(フィナステリド・プロペシアなど) 初回 4,200円 2回目以降 6,000円〜7,000円
Rebirth 内服薬 14,000円〜21,000円 外用薬 14,000円(ともに1ヶ月あたり)
Dr’sメソ(AGAメソセラピー) 2cc 50,000円 4cc 70,000円(ともに1回あたり)など

 

医院数・所在地

医院数 39院 
(内訳) AGAスキンクリニック 23院
東京美容外科 11院
東京ビューティークリニック 5院

 

所在地 関東(東京 12院、千葉 2院、埼玉・神奈川 各1院)
    東北・北海道(東北 3院、北海道 2院)
    北陸・東海 各1院
    近畿(大阪 4院、京都・神戸 各1院)
    中国・四国 各2院 (高知、愛媛、広島、山口)
    九州・沖縄(福岡 2院、長崎・佐賀 各1院、沖縄 2院)

 

特徴

ドクターが自ら実践してきた治療法を採用しているクリニック

さいごに

ふさふさの時には、あって当たり前のだった髪の毛。
気づくとどんどん薄くなっていく髪の毛に、ショックは隠し切れないものです。
また、薄毛の悩みというのは他人には相談しにくいものです。
そんな時にはAGA治療専門クリニックで相談してみてはいかがでしょう。
無料カウンセリングでご自身の薄毛の原因を調べてもらうだけでも気持ちに変化が表れます。
薄毛によるストレスから一日でも早く開放されますように。

更新履歴