MENU

薄毛を予防する対策方法は?

ストレスの中で過ごさざるを得なくなった現代日本。
その中で、年代を問わず薄毛が気になると答える人も増加しています。
今は髪の毛の事で特に気になる点がない人であっても、できるだけ予防をしておくにこしたことはありません。
そこで、薄毛になる前にできる予防対策について、まとめていきます。

 

薄毛になる原因とは?

薄毛になる原因として考えられるのは、大きく4つあります。

 

  • 睡眠不足
  • ストレス
  • 食生活
  • 男性ホルモンの影響

 

上記であげた4つの要素について、自宅でできる対策をご紹介していきます。

 

睡眠不足

「睡眠不足は、美容の大敵である」と言われますが、髪の毛の生育にも大きな影響があります。
髪の毛は睡眠中に古くなった細胞が新しい物に切り替わることで、髪の毛が育っていくからです。
髪の毛の生育を促すためには、22時〜深夜2時に睡眠をとるのがもっともよいと言われています。
その時間に、質の高い睡眠をとることができるだけの環境を整えること、慢性的な睡眠不足にならないように工夫することが大切です。

 

ストレス

現代社会は、ストレスとの共存を強いられる時代です。ストレスは、ある程度は必要な物と言われていますが、悪いストレスが蓄積されてくると、自律神経の乱れを引き起こす要因になります。
特に、心配事やイライラが増えてくることで、皮脂の分泌が増えてきます。
さらに、ストレスに抵抗するために、カテコラミンが分泌されるため、血管の収縮を引き起こすとともに、交感神経と副交感神経のバランスを崩す原因となります。
できるだけ、意識的にストレスを発散することが大切になります。

 

食生活

3食きちんと栄養を考えて摂取することで、髪の毛の生育に必要な栄養素が毛乳頭にも行き渡るようになり、結果として健康な髪の毛の生育につながります。
脂っこいものばかり食べるのではなく、ビタミンやミネラル、酸性食品とアルカリ性食品など、全体のバランスを考えて摂取することが大切です。
食生活に関しては、生活習慣病の予防にもつながってくるので、大切にしてもらいたいものです。

 

男性ホルモンの影響

テストステロンが5-aリダクターゼという酵素と結びつくことで、ジヒドロテストステロンに変わることで、薄毛を引き起こすと言われています。
これは、遺伝によって5-aリダクターゼを生成しやすい体質の方もいますが、亜鉛を含む食べ物を積極的に摂取することで、薄毛の予防につながる場合があります。